オルリスタットと併用したい食品は春雨とパイナップル

オルリスタットは脂肪ブロックをしてくれる肥満治療薬ですが、ダイエットの万能薬ではありません。
これを飲んだから、何もしなくても痩せられるものではないのです。
脂肪を摂りすぎていれば太るので、肥満解消によい食品も取り入れていきたいものです。
春雨は低カロリー食材として有名で、置き換え式ダイエットにもよく使われています。
脂肪と糖質の両方が気になる方にもおすすめです。
インスタントラーメンは油で揚げたものが多く、非常にカロリーが高いのが特徴です。
毎日カップ麺や袋ラーメンを食べている方は、春雨に置き換えるとかなりのカロリーカットが可能となります。
唐辛子、チゲ系の春雨スープは身体を温めて、脂肪の燃焼力も高めてくれます。
パイナップルも肥満が気になる方におすすめの食品です。
ビタミンB群がバランスよく含まれているので、カロリーの代謝をスムーズにしてくれるのです。
代謝機能が高ければ、少しくらい多く食べてもしっかり消化、排出されます。
パイナップルを摂取するときは、缶詰よりも生のパイナップルを選びましょう。
食物繊維も豊富に含まれていますし、酸味成分が疲労を和らげてくれます。
オルリスタットがブロックできる脂肪は、摂取した脂肪のうちの30%程度です。
70%分の脂肪が非常に大きければ、オルリスタットを服用しても肥満を防げません。
脂肪をブロックしても、それ以上に食べていれば意味がないのです。
しかし、無理に食事制限をするとストレスが溜まるので、春雨を利用した置き換え式ダイエット、パイナップルによる消化促進などの対策も併用していく必要があります。
肉類や揚げ物の摂取量が多い方は、これら以外の食品を積極的に摂りましょう。
そうすることで、相対的に脂肪の摂りすぎを防ぐことができるのです。